お母さんへ

個別に懇談をさせていただきました。
お忙しい中、来てくださったお母さん、ありがとうございました‼︎

ピアノレッスンは個人ですから、皆さんいろいろ悩みも出てくるようです。

1番多い相談は、
「子どもが全然練習しないんですけど、このままでいいのでしょうか・・」
と、いう内容です。

その上、お母さんと子どもが練習でケンカになって、お母さんは不機嫌だし、子どもは泣いているしで、帰宅したお父さんが「もうピアノやめたら(・_・;・・」
というケース。

これは、悲しいです(T_T)

どうして、ピアノを習わそうと思ったのですか?

初めは皆さん、我が子に音楽の楽しさを与えてあげたい。プロや音大なんかは考えてないので、この子のペースで楽しくレッスンしてください。と希望して門を叩かれるのに、
そのお母さんが、鬼になってしまうようです。

初めは期待も大きいと思います。
与えられた課題は、きちんとこなし
我が子が弾けるようになるために、毎日一生懸命練習なさってるのだと思います。

子どもの頃にピアノを習っていたお母さんも多いので、
どうしてこんな簡単な事が出来ないのだろうとか、
練習をする約束を守らないとか、
昨日出来たことがどうして出来なくなるのだろうとか、
バンバン好き放題弾くが、練習はしないとか、
出来ないとすぐに泣き出すとか、
泣きだすから、「ピアノやめる?」って聞くと
「嫌〜やめない〜(T ^ T)」って言ってまた泣きだすから、どうしていいかわからないとか・・・

そんな事が続いて、お母さんのほうがしんどくなってやめてしまおうか(._.)
という感じになると、よく聞きます。

では、お母さんはどうしたいのですか?

プロのピアニストにさせたいのですか、
まわりの子どもより、上手にさせたいのですか?

本来の夢は違いましたよね(^^)

音楽の楽しさ、楽器を弾ける喜びを与えてあげたくて、この教室に来てくださったのだと思います。

音楽って、出来たら楽しいです‼︎

そこがゴールです!

私はそのゴール目指して、指導しております。

ですから、どうか私に任せてください。

お家でお子さんがわからなくなったら、「次のレッスンで先生に聞こうね!(^^)」
で良いと思います。

出来たことは、うんと褒めてあげる。

そして、日々ピアノに向かうことを褒めてあげる。

それと好き勝手弾いていても、止めないでください。
楽しむことも必要ですし、いいと思います。

人間ですもの、気分が乗らない時もあります。上手く弾けない時もあります。
でも、お母さんは怒らないで、悲しまないで、また明日がんばってみようねって褒めてあげる。

そうそう、
子どもたちは、そんなにすぐに上手に弾けません。完璧に弾くのはそう簡単なものではないです。
だから、お母さんが落ち込まないでください。

家で上手に弾けていても、レッスンでボロボロになってしまう時もあります。
それでも、お母さんは怖い顔をしないでガッカリしないで、「家では、上手だったのにね(⌒-⌒; )もっと練習して来週は先生を驚かせてやろう!(^o^)」とかね

そんな調子で、お母さんはいつも見方。いつも褒めてくれて、ピアノが上手に弾けたらとても喜んでくれる。
っと、いう感じにしてあげたら、
子ども達は、練習をするようになりますし、ピアノを嫌いになんかなりません。

大事なことは、他と比べないこと!
先生に申し訳ないとお母さんが頑張らないこと!

お母さんは、出来るようにすることより、ピアノを弾きたいと思えるように言葉や愛情で仕向けてあげることがつとめだと思いますよ。

私の所に初めて来てくださった時のことを思い出してください。

将来、ピアノが弾けて良かったと思ってくれるように、お母さんと私と協力して頑張っていきましょう‼︎

お母さん、
また何か迷いや心挫けそうになった時は、遠慮なく話しかけてくださいね(^-^)

PAGE
TOP