低学年グループレッスン

今年最後のグループレッスン

いつものように1人ずつ演奏を発表してくれました。3年生の子達は、ブルグミュラーから弾いてくれたのですが、普段の演奏はできなかったみたいです。

「思い切って弾けなかった(◞‸◟)」

「いっぱい間違えた(−_−;)」と残念そうでした。

レッスンで弾いた時はとても上手に弾けたのにね。

最後に私が演奏したのですが、

その後に1番小さい子が、

「この教室で1番上手なのはだれ?」と聞きました。

「わたしかなぁ(先生)(^.^)」

「でもね、私が1番悔しい思いや恥ずかしい思いをい〜っぱい経験してきたからね。

だから、この中で1番上手くなったんだよ」と答えました。

ピアノを始めて一年の子も、40数年もやってる私も緊張するのは同じです。

でも私は年数分、たくさんのレッスンや舞台で弾いてきました。小学高学年からは、年に発表会3回とコンクール4〜5回も入れると7回ぐらいは舞台で弾きました。上手く弾ける時もあれば、そうでないことも。悔しい思いをしたほうが多いかな。

だから、緊張もするけど皆んなより少し上手なの。

だってほら、緊張もせず毎回ちゃんと弾けるようなものなら、発表会を3回も経験したらきっと飽きちゃうよ。

今日の演奏はきっと次に繋がるし、また続けて練習していこうよ!!大丈夫だよ。

今日はみんなよく頑張ったね

今日は写真を撮り忘れたので、先月のです(^^;;

PAGE
TOP